ビッグリバージャズとは?

今年で21回目を迎える水の都・大阪にふさわしい音楽の祭典!
川おこし・街おこし・地域共生を目的としたジャズフェスティバル!


OAP(大阪アメニティパーク)の前を流れる大川よりネーミングした「OSAKAビッグリバージャズ」は、ミシシッピー川のほとりで開催される米国ルイジアナ州のニューオーリンズジャズフェスティバルをお手本にしており、2017年で21回目を迎えます!

新緑燃える初夏の日射しをうけながら、毎年多くのジャズファンの方々にお楽しみ頂いており、大阪府・大阪市が推進する水都大阪のコンセプトにもマッチングし、大阪のシンボリックなジャズイベントとしてすっかり定着してまいりました。


OAPの緑あふれる素晴らしいロケーションの中で行われるトラディショナルなジャズサウンドは、他のジャズフェスティバルとは一線を画し、オリジナリティ溢れる独自のスタイルを確立しています。

地域住民の方々はもちろん各地より多くのファンの方にお集まりいただき、このイベントを通して地域活性化のための一端を担えればと考えています。


↓クリックで拡大します

ページのトップへ戻る